ヨーロッパのノーランズ ユニット紹介

ヨーロッパのノーランズ ユニット紹介

ノーランズ

ノーランズ(Nolans)は、1970年代後期から1980年代初期まで人気を得た英国(出身地アイルランド語の)
シスター・グループです。当初、トミーなしの間で生まれる6人の女の子が立候補させる2人の男性と
クラブ歌手であったモリーンブレスリンが両親と一緒の「ザ・シンギング・ノーランズ」として
彼らがデビューをしたことが、開始です。一部の姉妹は引退します。
そして、本物の娘をメンバーとみなすために調子で活動を続けたが、2005年にその後分解されます。
それは2009年に再び一部のメンバーでつくられて、また、コンサートツアーがもたらされる英国で
新しいアルバムを発売します。

「DancingのためにMoodでいます」(ダンス姉妹)、1980年に日本のオリコンのシングル・チャートで
最初になって、大きいヒットを得ました。来年には、アルバム「ゴッタPull Myself Together」
(愛の幸せな日付)は、最初に、初めてオリコンの西洋の音楽の中で、シングル、LP、カセットの三重冠の
勝者も記録しました。

欧米のアーティストが1991年にJ-POPの音楽の部分をカバーして、同じ年の第33の日本記録賞の計画賞を
獲得したいわゆる「逆のカバー」に、疑問を呈しました。
「愛の幸せな日付」マサコ・イシノによる「色っぽい音楽」によるキグルミ・カバー「ダンス姉妹」
1980年の1990年の2007年の各々のWinkです。

copyright(C)世界の音楽ユニット